So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
演奏曲紹介 ブログトップ

BLUE MOON [演奏曲紹介]

今宵まだ沈んでいない満月。BLUE MOON。
月に2回ある満月のことをブルームーンといいます。
また、他にも青く見える月をさす場合もあります。
どちらにしても「めったにおこらないこと」。

"once in a blue moon"(めったに起こらない)なんて熟語もあるくらいです。

そのブルームーンを昨夜、見ることができました!

1.jpg

この月にお祈りをすると願いがかなうそうで。
うー。
ラッパがうまくなりますように! ←それ?

さて。今年のメイプルサウンズのボーカル曲「BLUE MOON」
とてもタイムリーな選曲になっています。

ロジャース&ハートの作曲作詞コンビで、はじめは別の題名だったそうです。
何度か歌詞や題名を入れ替えてやっと売れたという曲でもあります。
そのほかにもハートが歌詞を、ロジャースが曲を作ってたくさんの作品を残しています。

ロジャース&ハートは本当に名コンビだったわけですが、ハートが若くしてなくなってしまいます。

その後ロジャーズは作家のオスカー・ハマースタイン2世を作詞のパートナーとして迎え
OKLAHOMA!を皮切りに回転木馬、アレグロ、南太平洋、王様と私、ME&JULIET、パイプ・ドリーム、フラワー・ドラム・ソング、サウンド・オブ・ミュージックなど、ブロードウェイミュージカルをたくさん残しています。

話がそれてしまいましたが。

そういうわけで、ブルームーン。
この曲は宇宙つながりということで、映画アポロ13にも使われたり、アメリカのドラマで使用されたり、
また、歌手もフランクシナトラやナットキングコールなど男性歌手や、ビリーホリデイやサリナジョーンズなど女性歌手にもたくさん歌われていろんなバージョンがあります。
エルビスプレスリーも歌っていましたね。

メイプルサウンズの歌姫バージョンも素敵ですので、ぜひ聞いていただきたい一曲です!

メイプルバージョンではヴァースがありませんが、歌詞は載せておきます。

(VERSE)

Once upon a time, before I took up smiling
I hated the moonlight
Shadows of the night that poets find beguiling
Seemed flat as the moonlight
With no one to stay up for I went to sleep at ten
Life was a bitter cup for the saddest of all men

Once upon a time, my heart was just an organ
My life had no mission
Now that I have you
To be as rich as Morgan is my one ambition
Once I awoke at seven hating the morning light
Now I awake in heaven and all the world’s all right

(CHORUS)

Blue moon, you saw me standing alone
Without a dreaming my heart,
Without a love of my own

Blue moon, you knew just what I was there for
You heard me saying a pray’r for
Someone I really could care for

And then there suddenly appeared before me
The only one my arms will ever hold
I heard somebody whisper ”Please adore me”
And when I looked, the moon had turned to gold

Blue moon, now I’m no longer alone
Without a dreaming my heart,
Without a love of my own

昔むかし、僕が心から笑えるようになる前

僕は月の光が大嫌いだった


詩人たちが魅力的に歌に詠む闇夜の影も

僕には単なる月影でしかなかった


夜更かしする相手もなく

夜10時にはベッドに入る


世の男の中で最も哀れな者にとり

人生とはなんとも つまらないものだった...



<Chorus>

青い月よ

独り佇む僕を、君は見ていたんだね

心に抱く夢もなく

生涯愛する人もいない僕をさ


青い月よ

僕が何のためにそこにいたかを、君は知っていたんだね

そして君は僕の願いを聞き入れてくれた

心から愛する人に出会いたい、という願いを...



そう、あの時、突然僕の前に現れたんだ

僕のこの腕で一生抱きしめたいと思う唯一の人が


そしてこう囁く声が聞こえた

“お願い、私を深く愛して...”


空を見上げたら

月よ、君は金色に変わっていたね!



青い月よ

もう僕は独りなんかじゃないよ

心に抱く夢もなく

生涯愛する人もいない僕なんかじゃ...

http://ameblo.jp/higashiemi/entry-10525827630.html
 東エミさんのブログから引用)

11月7日練習後記 [演奏曲紹介]

★☆今年最後の野外ライブ!☆★

枚方宿ジャズフェスストリート(無料)
日時ーー11月14日(日)
http://2010.hirakata-jazz.com/
場所:京阪枚方駅コンコース
時間:12時
  トップバッターで出演します♪
-----------------------------------------
★☆今年のシメはまるっとメイプルサウンズ☆★

メイプルサウンズジャズオーケストラ
コンサート


日時ーー12月12日(日)
場所:箕面市メイプルホール(小ホール)
時間:18時開場 18時半開演(終了予定20時半)
 無料で2時間どっぷりメイプルサウンズ♪
 魅せます!聴かせます!頑張ります!


-----------------------------------------


紅葉も始まり、すっかり秋らしくなってまいりました。
といっても、二十四節気でいうと立冬。
冬の気配があってもよい頃だそうです。
昼と夜の温度差が激しい毎日です。

そんなライブの合間の練習日。
体調不良やら関東出張やらでお休み5名。
バリトン・バストロの低音部隊に
トランペットリード、セカンドの高音部隊。
そしてボーカルまで!

せっかくの中嶋先生の来団日だというのに寂しい風景です。
みなさま、はやく良くなってください・・

という自分も録音機は忘れるわ、オイルは忘れるわ。
ちょっと気合抜けてんじゃないの・・と反省。

そんな凹み気味の私に「御堂筋kappo」で撮影してくださった方から
写真が届きました。
真後ろにいらっしゃったようです。
なんでも、御堂筋kappoの写真コンクールかなにかに送ってくださったとか。

残念ながら賞は取れなかったそうですが、私の大切な思い出にします!
ありがとうございます。


「・・で??これなにやってんの?」

1.jpg


「ミュート??なんだろ?」


・・・ちょっと口が限界だったのでベルを押して付加かけてたトコですねぇ・・(汗)
と帰ってから気がつく。
まさか、そんなごまかしてる場面をピンポイントで撮影されてるとは!
(良い子のラッパ吹きはまねしないでください)


そうそう。まだまだうれしいことが。

メイプルサウンズファンのお姉さまから素敵なプレゼントが届きました。
女子団員には美しい刺繍つきの手作りポーチ。
そして団員全員に新米仕様の美味しいおせんべいとお茶。
お休みだった方には次回お渡ししますね。
お茶はクリスマスコンサートの楽屋に持っていきます♪

お礼と仰ってくださいましたが、なにもして差し上げることもできず。
ここは演奏でお返しするしかありません♪
がんばって練習します。

ここを覗いてくださってるかどうかはわかりませんが、本当にありがとうございました。


そんな心も暖かい空気の中。

9時にテレビがみたい・・・と誰かが言い出して。

[たらーっ(汗)]えっ?

その番組、僕もみたい・・・とまた誰かが言い出して。

えええ???[あせあせ(飛び散る汗)]

前代未聞の8時35分解散っ。
いつもより1時間早いっ[ダッシュ(走り出すさま)]


帰り道。

「みんなどこで練習してるの?」
「ミュートつけての練習も限界やぁ。スタジオ借りな・・」
「カラオケ屋に練習いくけど高価くてー」
「・・まだクリコンの曲で指が回ってないのあるよ」
「指どころか、手も出してない曲がっ!」
「山登って吹くのもいいけど、トイレがなぁ・・」

クリスマスコンサートまでまであと練習が3回ほどしかないという事実・・

せっかく早く帰ったのに、楽譜広げて、今日の注意点のおさらいしてたとさ・・


Charade(シャレード) [演奏曲紹介]

★☆今年最後の野外ライブ!☆★

枚方宿ジャズフェスストリート(無料)
日時ーー11月14日(日)
http://2010.hirakata-jazz.com/
場所:京阪枚方駅コンコース
時間:12時
  トップバッターで出演します♪
-----------------------------------------
★☆今年のシメはまるっとメイプルサウンズ☆★

メイプルサウンズジャズオーケストラ
コンサート


日時ーー12月12日(日)
場所:箕面市メイプルホール(小ホール)
時間:18時開場 18時半開演(終了予定20時半)
 無料で2時間どっぷりメイプルサウンズ♪
 魅せます!聴かせます!頑張ります!


-----------------------------------------

久しぶりに曲紹介です。
10月30日にミナミジャズストリートでも演奏した曲。

今回は「Charade(シャレード)」です。

オードリー・ヘプバーン, ウォルター・マッソー, ジェイムズ・コバーン, ジョージ・ケネディ, ネッド・グラス などが出演していた映画の主題歌です。

★離婚を決意した女性がスキー場で男性と出会う。
★パリの自宅に帰った彼女は夫の死を知る。
★葬儀が終わってから、夫は戦時中にお金を隠匿し、戦後に山分けする約束になっていたいわゆる政府のお尋ね者だったことがわかる。

★だれが仲間か敵かわからなくなり、お互いを監視しあう日々。
★そんなときに、ある人が死体となって発見される・・・


そんなドキドキのサスペンスストーリーでした。

シャレードとは辞書で引くと「ゼスチャーゲーム」ですが、この歌の意味としては「謎解き」という意味合いじゃないかと思っていました。

ネットで調べると
「普通はジェスチャー・ゲームと訳されるが オックスフォード辞書によれば
"a situation in which people pretend
that sth is true when it clearly is not"
明らかに真実でないことをさも正しいかのようによそおう
つまり だましあい」

と書いてありました。なるほどー。
映画の中身、そのまんまですなぁ。


パリの美しい景色、おしゃれな会話、心に残る音楽とすばらしい映画のひとつです。


↓メイプルサウンズジャズオーケストラの
↓↓「Charade(シャレード)」演奏はこちら↓

http://www.youtube.com/watch?v=f90D-NBfGc0




Charade

When we played our charade
We were like children posing
Playing at games, acting out names
Guessing the parts we played

Oh what a hit we made  Oh what a bill we pay
We came on next to closing
Best on the bill, lovers until
Love left the masquerade

Fate seemed to pull the strings
I turned and you were gone
While from the darkened wings
The music box played on

Sad little serenade
Song of my heart's composing
I hear it still, I always will
Best on the bill
Charade

Fate seemed to pull the strings
I turned and you were gone
While from the darkened wings
The music box played on

Sad little serenade
Song of my heart's composing
I hear it still, I always will
Best on the bill
Charade

--------------------

シャレード

謎解き遊びに興じる二人
子供のように 問題を出し合い
ゲームを楽しみ 役になりきって
それぞれが演じた役柄を推測する

さあ 謎は解けた
もうすぐゲームも終わりに近づく
仮面舞踏会が終わるまで 
主役の 恋人同士を演じる二人

運命にあやつられ
振り向けば あなたはいない
照明の落ちた舞台のそでから
オルゴールの音が聞こえてくるだけ

悲しいセレナーデ
私の心が作り出す音楽が
まだ私の耳に響いてくる 私はいつでも
謎解きゲームの
主役を演じる

(Lyrics - 訳詩の世界さまより引用)

--------------------

さて、ミナミジャズストリートは10月31日も続きまして。
メイプルサウンズとしての参加ではありませんが団員の一人がこっそり出ています。

ので、内輪ネタとして乗せておきます。


http://www.youtube.com/watch?v=5YXj3kZTTSk

聖者の行進 ニューオリンズブラスバンドバージョン。
団員の方は是非♪




荒城の月 [演奏曲紹介]

☆★10月のライブ予定★☆

・日時ーー10月24日(日)
  ★☆箕面生涯学習センター祭まつり(無料)☆★
  場所:箕面メイプル大ホール
  時間:14時20分~14時40分

・日時ーー10月30日(土)
  ★☆ミナミジャズフェスティバル(無料・一部有料)☆★
  場所:中座くいだおれビル地下一階(Live Cafe ZAZA)
  時間:15時30分~16時ごろ
     http://minami-jazz.jp/ くわしくはこちら。

  ☆メイプルの出演するZAZAは有料スペースになります。    入場券は全会場共通の2日通し券で前売り2000円、当日2500円です。    前売り券のお求めはチケットぴあ、ローソンチケットでお買い求めいただけます。     http://minami-jazz.jp/ticket/index.html

-------------------------------

たまには曲目紹介なぞ。

メイプルの得意とする日本の音楽のジャズバージョン。
和の曲もかっこいいビッグバンドジャズになるのです。

東京キューバンボーイズなどが演奏されている「小原節」「そうらん節」なども演奏しますが、今年は「荒城の月」がかっこよく仕上がっています。

カウントベイシー風にアレンジされていてかっこいい!



荒城の月はもともとは滝廉太郎の無伴奏の曲。
伴奏をつけたのは山田耕筰といわれています。
滝廉太郎が作った西洋風のメロディーに五七調の歌詞。
この融合が現代のわれわれにも斬新に聞こえる名曲に仕上がっているポイントかもしれません。


ビアノでの荒城の月のジャズアレンジはたまに見かけますが、ビッグバンドアレンジは珍しいのではないでしょうか。

そんなメイプルの演奏はこちらっ。

  ↓ ↓ ↓ ↓ 

http://www.youtube.com/watch?v=KYs8Mmd0Jjo

---------------------
<<歌詞>>

春高楼(こうろう)の 花の宴(えん)
巡る盃(さかづき) 影さして
千代の松が枝(え) 分け出でし
昔の光 今いずこ

秋陣営の霜の色
鳴きゆく雁(かり)の数見せて
植うる剣(つるぎ)に照り沿いし
昔の光 今いずこ

今荒城の 夜半(よわ)の月
変わらぬ光 誰(た)がためぞ
垣に残るは ただ葛(かずら)
松に歌う(うとう)は ただ嵐

天上影は 変わらねど
栄枯(えいこ)は移る 世の姿
映さんとてか 今も尚
ああ荒城の夜半の月
------------------

歌詞は、東京音楽学校が土井晩翠に懸賞応募用テキストとして依頼し作ってもらったもの。
原題は「荒城月」で、ほんの少しですが曲調や音程がちがいます。

千代の松が枝、の千代は「仙台」を現す言葉ですし(枕言葉)
鳴きゆく雁の「雁」は東北地方の渡り鳥ですから、土井晩翠が故郷である宮城へを愛していたことが感じられます。

日本には、この歌にまつわる歌碑が設置されているところが多数あります。

土井晩翠由来では仙台市の青葉城址、福島県会津若松市の鶴ヶ城址。
滝廉太郎が曲を作ったといわれる大分県竹田市の岡城址、富山県富山市富山城西側など。




とまぁ、小難しい解釈はさておき、インターネットでは伝わらない大迫力の音の圧力を生で聴きに来てくださいね♪

おまちしています。



Secret Love [演奏曲紹介]

☆★ライブ予告★☆

・日時ーー8月20日(金)
http://www.selcy.co.jp/event/event.cgi?cm=1#817
   ★千里たそがれコンサート(無料)
  場所:千里中央にあるセルシーの1階「セルシー広場」。
  時間:19時15分~20時

・日時ーー9月26日(日) 
http://morikadojazz.com/2010/schedule/
   ★守口門真ジャズフェスティバル(無料)
  場所:古川橋ロータリー前
  時間:16時~16時40分 

---------------------------------------



今日もK氏の日記よりネタ盗んできました。

---<ここから引用

え~合宿で話題になった歌詞シリーズ。
お次は、ドリス・デイの唄う「Secret Love」。
我らがメイプルサウンズでは、トロンボーン・フィーチャーのカッコいい曲。
いまのメイプルでセクション・フィーチャーが決まるのは、やっぱTbだなぁ。

で、ドリス・デイご自身の歌がYoutubeにありました。
問題の「秘めた恋」なのか「秘密の恋」なのかってトコですが、
前者のようですね。ただ、歌詞を最後まで聞いてみると?
(このあとは皆さんご自身で、ご判断くださいw)

http://www.youtube.com/watch?v=W8Ar9Q0Eru4&feature=player_embedded

<歌詞>
Once I had a secret love
That lived within the heart of me
All too soon my secret love
Became impatient to be free

So I told a friendly star
The way that dreamers often do
Just how wonderful you are
And why I am so in love with you

Now I shout it from the highest hills
Even told the golden daffodils

At last my heart's an open door
And my secret love's no secret anymore

-----<ここまで引用

ほほう・・
最後まで歌詞を読むと、そういうことだったのですねぇ。
映画「カラミティ・ジェーン」を見ればもっとよくわかるのか?
だれか見た人教えてください。


当時映画女優だったドリス・デイ。
「浮気ものはモンロー好き、家庭ものはドリス好き」といわれるような淑女の人気女優さんでした。
しかし、無類の男運なし。
人気絶頂期の時に結婚した相手に全財産を奪われたり、なんだかんだで4回くらい結婚されているんですね。
でも、現在は独身のようです。
一度も結婚したことのない私としてはうらやましい限りです。

「しりすぎた男」のケセラセラを歌ったのもこのドリス・デイ。

ドリスの本名は本名はDoris Mary Ann von Keppelhoff(ドリス・メアリー・アン・ヴォン・カッペルホフ)というそうです。
ダンサーを目指していたドリスは若くして交通事故に合い、やむなくの女優転向だったといいます。
しかし、ダンスで鍛えたリズム感から歌も歌える女優として大ヒットしたようです。

そういえば、メイプルのボーカルさんが私のトランペットで初めてにしていきなり音を出したのを思い出します。
なにかをしていた人は他のなにかでも応用が効くんですねぇ。
「しっかり腹式呼吸のできてる人はちがうな」とみんなで驚いたもんです。
とほほ、私も若いときに何かやっときゃよかったよ。

それはともかく、ドリスの本名はこのように長いので、覚えてもらうように短い芸名を考えようとなったときに「デイ・バイ・デイ」の歌が置いてあったことから、ドリス・デイと決まったとか。
しかし、ドリスは「**婦のような名前だ」といってこの名前をあまり好んではいなかったそうです。

現在も元気に動物愛護に力を注ぎ、Doris Day Animal Leagueという団体を設立されています。
ペットと泊まれるホテルもあるとか。
1922年4月3日生まれといいますから年令にして・・

いえいえ。

そばかす天使の年令なんて数えたらいけません。
写真を拝見すると、笑顔で美しく年令を重ねていらっしゃいました。
興味のある方は検索してみてくださいね。


Autumn Leaves(枯葉/Les feuilles mortes)の歌詞 [演奏曲紹介]

★宣伝★メイプルサウンズジャズオーケストラ
セルシーたそがれコンサート★出演決定!
  8月20日(金曜日)19時15分START!

それから・・パーカッション募集中です!
----------------------------------------------------------

先日の日記で「枯葉」の日本語歌詞を「かれはよぉ~♪」と書いたところ、とある団員さんより「ほんまにそんな歌詞なん?」とたずねられまして。
え??ちがうん??とすこし慌ててしまい、ちょっと調べてみました。

JAZZ屋であれば「ナット キング コール」が日本語で歌った枯葉のほうが有名。
私のような遅咲きのJAZZもどき屋はテレビの印象のほうが強くて、そこの差に気がつくのにかなりの時間がかかってしまいました。

ナットキングコールは何曲か日本語で歌っていて、どの歌詞も有名になっています。
たとえば「L-O-V-Eの」


 ♪「L」と書いたら
  Look at me
  「O」とつづけて
  O.K.
  「V」はやさしい文字
  Very good
  「E」と結べば
  愛の字 L・O・V・E

と歌ったのもナットキングコールです。
日本語上手なんですよねぇ。ローマ字で書いたものを見て歌ったという逸話もありますがほんとかなぁ?
喋れたんじゃないかなぁ?なんて思うくらい流暢です。

で、枯葉。

 ♪窓辺に 散りゆく
  並木の 枯葉よ
  想い出 かなしく
  わすられぬ 夏の日

  君の腕 やさしく
  私を 抱きて
  つきせぬ 恋の夢よ
  語りし あの日

と歌ってらっしゃいました。

で、ワタクシ、このナットキングコールの枯葉を知らなかったんです・・
無知ですいません・・・

もともとこの曲はフランス歌曲、シャンソンだったんです。
で、私の知ってた枯葉は、作詞家中原淳一の発案で、日本人のシャンソン歌手第一号と認められた高英男が歌っている枯葉・・・・

 ♪枯葉よ~絶え間なく~散りゆく~枯葉よ~
   風に散る~落ち葉のごと 
    冷たい土に~落ち果てて♪

高英男さんといえば「ゆ~きの降る町を♪」でも有名なあの人です。
ちょっと宝塚っぽいお化粧を施した男性で俳優さんでもありました。
男性でお化粧をされていたのは美輪明宏さんか高英男さんかというくらい印象にあって、悪役の似合う俳優さんでした。
2008年まで現役で歌っておられたようですが2009年に亡くなっておられたんですねぇ。
知りませんでした。

そのほかにも、いろんな訳や歌詞あるようで調べれば調べるほど面白い経歴の曲のようです。
「仏→日」もあれば「英→日」もあるし・・奥深い!



ワタクシ人間がズボラなもので、いちいち下調べをせず適当なことを書いてます・・
こういった指摘は大歓迎です♪
これからもご指摘お願いしますです。(ネタにもなるんで・・・)



演奏曲紹介 ブログトップ